とても便利なになりました。身近になったクレジットカード

友人がクレジットカードの勧誘の仕事をしていて、付き合いで登録しました。
元々使うつもりで登録したわけではなかったのですが3年くらい経った頃、急に大きな出費が重なりお金の都合がつかなくなってしまいました。
その時にクレジットカードを登録してあったことを思い出し、初めてキャッシングを利用しました。
金額は3万円くらいだったと思うのですが、どんなに助かったか分かりません。
その後借りたお金はきちんと返しましたが、後になってカードを利用するとポイントが付くということが分かって、少しずつショッピングの方で使うようになりました。
もちろん返せる範囲内の利用でしたが、ポイントが貯まり確かカタログの商品を取った覚えがあります。

その頃は今と違いクレジットカードを使うというのはあまり良くないイメージがありましたが、しかし返せる範囲内で利用しながらポイントが貯まり、そのポイントで欲しい商品が貰えるなんて、とても便利でいいものだと思いました。
その頃は1枚しかなかったクレジットカードも今では3枚になり、用途とサービスによって使い分けています。
今はポイント交換の商品もカタログだけではなく、商品券がもらえたりポイントで買い物ができたりと、とても幅広くなりました。
節約主婦にとってはありがたい、強い味方のクレジットカードです。

そんな強い味方のクレジットカードですが使用するのには審査が必要になります。
審査内容は安定収入があり返済能力があるかです。
他社に借入や過去に返済の延滞がある方は審査に通過しづらくなってしまいます。
また複数社を短期間に申し込みをしてしまう事もNGです。
お得な特典やサービスが充実したカードが多くて迷ってしまいますが、申し込みは1社に限定して申し込みをした方が通過しやすくなります。
>>>超ブラックでも作れるクレジットカード

今思うと毎日の生活にクレジットカードがこんなに浸透するとは、一昔前の日本では考えられなかったと思います。
日本人は用心深いので、クレジットカードを作ること自体にかなりためらったりしていた記憶が私が若い頃にはあったのですが、最近は、何を支払うにもクレジットカードが必要な時代になったということもありますが、1人で何枚も持っている人も多いですね。

ポイントがたまるというのが魅力で、つい作ってしまうという方も多いと思いますし、結構ポイントはたまるもので、ポイントで買い物ができてしまうというのはかなり魅力的です。
ですが、セキュリティーのことを考えると、やはり不安な面はありますので、怪しいお店では使用しないで、信頼できそうなお店で使うようにしている人は多いとおもいます。
携帯やパソコンの引き落としをカードにするとかなりたまるので、お得ですね。

クレジットカードを「魔法のカード」との呼ばれ方をして笑うときもあります。
そんな「魔法のカード」ですが、本当に魔法を使っているかのようにカード一枚で欲しいものが手に入ります。
便利な点、使い方を誤ると自分を苦しめるものになってしまいます。
私も1ヶ月でいくら使っているかの確認を怠ると、意外と使っていた…なんて月が多々あります。
頭の中だけでうっすら計算してはじきだすだけでなく、何かに記録して管理することが大切です。
また、会社によって様々なポイント制度や特典制度があり、クレジットカードを選ぶときのポイントでもあると思います。
自分がよく使うものを考えてクレジットカードの特典を利用したり、ポイントがたまるような会社でクレジットカードを作ると使っただけお得になり、とても効率が良いと思います。
お得と思って使いすぎるのは危険なので注意が必要ですが、自分に合った使い方をしてお得に買い物をしていきたいと思います。

yahoo JAPAN カードを作りました。

今までメインで使用していたクレジットカードが、「まもなくサービス終了」と通知が届きました。
メインで使用していましたので、携帯電話料金や電気代や水道代等の公共料金、インターネットのプロバイダー料金やネットショッピングの支払い等は、このクレジットカードで精算していましたので、非常に困っていました。

私が利用させて頂いているインターネットプロバイダーは yahoo なのですが、yahoo JAPAN カードのサービス開始のバーナーをみて直ぐに申し込みをしました。
今まで yahoo ポイントとして貯まっていた物が全てT-ポイントに変わり、クレジットカード決済した金額に応じてT-ポイントとして貯まると書いてありましたので、これは良いと思いました。

TSUTAYAのカードとしても使えますので、このクレジットカードでCD・DVDレンタルも出来ますし、買い物をすればその分のポイントも貯まります。更にはファミリーマートでも利用出来き、ここでもT-ポイントが貯まりますのでどんどんT-ポイントが貯まっています。
大体ですが、月平均で500ポイントは確実に貯まっています。貯まったT-ポイントはヤフオクのかんたん決済に使用しています。

今は還元率を考えてクレジットカードを利用

今、クレジットカードを使用するにあたって、重要視していることは、還元率がどれくらい高いのかということです。
まず年会費・入会費は、無料のものを選ぶようにしています。
特に年会費は、カードを使わなくて還元もないのに、毎年支払うのは、損だと思います。
後は、どのように日常生活でカードを使用しているのかということを考えます。
今私が使用しているのは、大手の通販サイトのクレジットカードです。
普段から、商品の代金をカード払いにすると、ポイント還元されます。

さらに、イベントや感謝デーといったときにはさらにポイントが還元されます。
ネットショッピングだと、自分が一番お得であるという金額で、商品を購入できるうえ、貯まったポイントをお買い物に使うことができるので、さらにお得です。
すると、普段の買い物でも積極的にこのカードを使用するようになりました。

このカードのおかげで、どれくらいお得に買い物させてもらっているかわかりません。
クレジットカードは、持っているだけでは、お得になりません。
日常生活に密着して、どれくらいお得に、安全に使用できるかがカードを選ぶポイントになると思います。

クレジットカードの残高は、どうやって家計簿に記載する?

クレジットカードは現金がなくても支払いを行える便利なものですが、いくら使ったのかわからなくなってしまうことがありますね。
アプリやウェブサイトで確認することもできますが、店によっては反映されるのが遅いですし、手持ちの現金や預金と合わせていくらあるのかまではわかりません。
そこで、家計簿を使うことをおすすめします。

現在は家計簿アプリというものがあり、お持ちのクレジットカードや銀行口座を登録することで、自動的に合計金額を表示してくれます。
現金までは自動登録されませんので、収入や支出があった時に自分で登録しなければなりませんが、クレジットカードの残高も含めて、いくらお金を使えるかを簡単に把握できます。

アプリではなく、紙の家計簿を使う方法もあります。その際は、「現金10万円、銀行預金100万円、合計110万円」というふうに記載します。
未払いのクレジットカードの残高は、マイナスで表記してください。
つまり、「現金10万円、銀行預金100万円、クレジットカード-20万円、合計90万円」のようになります。

初めてのクレジットカードからの失敗。その後…

私が初めてクレジットカードを持ったのは学生の時でした。
専門学校の修学旅行でヨーロッパに行くことになり現金を持ち歩くよりはクレジットカードがいいということで、集団で作らされました。
初めてのカードだったので計画性もなく、海外ということでユーロがいくらかも理解せず使い込んでしまいました。
海外でカードを使うと一括払いということも知らずに限度額ギリギリまで使ってしまったみたいで、請求が来たときにはすごく驚いた記憶があります。

当時は独り暮らしで生活費をアルバイトで稼いだお給料でやり過ごす日々だったので、もちろん払えるわけもなく。
カード会社からは督促の手紙や電話がバンバン、そしてカードも止められました。そのときにやっと払い終わったのですが、多分ブラックに載ってしまったんだと思います。

それからしばらくカードを使うことに抵抗があり、なかなか利用していなかったのですが去年から新しくカードを作り、今では計画的に使用することを学び、更にはポイントを貯めたり公共料金もカード払いで便利に活用しています。
失敗があったからこそ、賢く使う術を発見し、学べたと思っています。
ご利用は計画的に。まさにぴったりですね!

得する「カード払い」

ネットでの買い物が多かったことから作った「楽天カード」を作りました、これが大いに節約に貢献しています。
年会費無料で楽天ポイントが2倍。
カードを作るだけでも5000ポイントももらえるので、作らない手はありません。
また、カードを作ったことをきっかけに、公共料金の支払いもカード払いに変更しました。
まずは携帯電話の利用料金、NHK放送受信料。

その後はインターネット利用料金から家賃までカード払いに変更しました。
地域によっては水道やガス代もカード払いできるようで、うらやましい限りです。
ちなみにこれを克服する裏技として、セブンイレブンのナナコカードに、クレジットカードからポイントチャージして、ナナコで公共料金を支払うと間接的にクレジットカードのポイントがつくという方法もあるので、セブンイレブンでの支払いをしている場合は検討の余地ありと言えるでしょう。

毎月の固定費は節約しようがないと思いがちですが、どうせ払うなら同じ出費でポイントがもらえた方が、別のものを購入する時にポイントを充てられるので節約になるのです。
明細で家計の管理が一括にできてしまうので楽ですし、払込票を持参してわざわざ銀行やコンビニでの窓口払いをする手間も無く、支払い忘れがなくなりました。おすすめです。